2012年3月アーカイブ

黒柳徹子さんのCMでやっている「ジェネリック医薬品」。

まだまだ浸透していないような気がしますが、この前患者さんから質問を受けました。

 

やはり「安い薬」みたいな認識が強く、お医者さんも安かろう悪かろうというような意識も無いとは言えません。

しかし、そうではないことを認識してもらいたいんですよね。

医薬品には、同じ成分、同じ効き目でも値段の高い薬(先発医薬品)と安い薬(後発医薬品)があるんです。その安いほうの後発医薬品は、一般名(generic name成分名)で処方されることが多いため、ジェネリック医薬品と呼んでいるんです。

なぜ安いのかというと、薬は発売から大体6年するとその特許が切れて、医薬品製造業者さんは自由にその医薬品を製造できるようになるから、開発費がかからず安く出きるという仕組み!

 

皆さんも今度ジェネリックを選んでみてはいかがでしょうか?


専門薬剤師についてはこちらから

このアーカイブについて

このページには、2012年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年2月です。

次のアーカイブは2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク