医師の大学病院勤務

user-pic
0
大学病院は一般病院が病気を治す「診療」のための施設であるの対し、大学病院は「診療」に加えて医学や医療技術の「研究」と医療に従事するスタッフの「教育」という3つの役割を担っています。そのため大学病院には最先端の医療技術、最新鋭の医療設備・施設が集まり、一般病院では対応することが困難な患者さんや、他の病院では治療が難しいと診断された患者さんなど、稀少な症例や難病を抱える患者さんがしばしば来院します。

大学病院というと、質の高い、良い医療を受けることができると考えている人も多いようです。もちろん最新の技術や医療環境が整っているため、高い医療水準にあることは確かですが、大学病院には教育的役割として学生や研修医が多くきており、臨床経験の浅い研修医が治療の担当をしたり、ベテラン医師の治療・処置を若い医師や学生が見学したり、研究段階の新しい治療を試したり、など彼らの教育や学びの標本や実験台となっていることもあります。一概に大学病院だから最高の医療を受けることができるという認識は改める必要があるかもしれません。

大学病院は働く医師側からすれば専門医療の研究部門や最新の医療機器・設備が整った医療環境の中で、高度な知識と技術を学ぶことができるメリットがあります。またそうした環境の中で医療の最前線に立ち、プロフェッショナルな仕事を求められるため、自らも高い専門知識とスキルを持ち、常に学ぶ姿勢や向学心が求められます。大学病院は医師にとって医学・医療を習得する場となるだけでなく、薬剤師・看護師・臨床検査技師など他の医療従事者や同じ志を持つ同僚との出会い、チーム医療の経験、患者さんと直接対話するなど、多くの人と関わることができる職場です。医療人としての人間性を高め、医師に求められる倫理観を養う場であるとも言えるでしょう。

医師たちは医師免許取得後、2年間の医師臨床研修を終えると正式に医師として働く先を見つけることになりますが、自分で診療所やクリニックを開業する場合を除きその選択肢は大学病院か市中病院に二分されるのが一般的なようです。大学病院に勤務する医師は、高度で質の高い医療提供イメージからそのステータスも高いイメージがありますが、週の勤務時間は80~100時間、当直をはさんで連続36時間勤務は常態化など、勤務実態は過酷そのもの。その割に大学病院勤務の医師年収は、他の地方病院や市中病院に比較してそれほど高い額を得ているわけでもないという、意外に厳しい医師の勤務先なのです。(医師の大学病院への転職はこちらを参照

このブログ記事について

このページは、やすひろが2013年5月23日 13:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「5月病発症!?」です。

次のブログ記事は「ちょっとした愚痴でも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク