受験で大変だった漸化式

user-pic
0
数学好きの薬剤師です。皆さんは、漸化式というものを知っていますか?漸化式というのは、数学の数列の単元で出てくる式で、たとえば、1,3,5,7,9,11・・・のような数列がある時、これのn番目の数が知りたいとき、その一つあとの数字とその数字の間に関係して得られる式を漸化式と言います。

この数列だったら、n番目の数をanとすると、a(n+1)=an+2となります。数学があまり好きじゃない人には理解が難しいかも知れませんが、漸化式というのには、受験対策としてこれ以外に12パターン更に覚えます。

今回紹介したのは簡単な方で、受験勉強のときはほかのパターンも覚えるのが大変だった思い出があります(笑)。明日も調剤業務頑張っていきます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、やすひろが2021年9月30日 20:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子どもっぽいかもしれませんが」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク